la maison où je rentre

 

友のライブを見に神戸へ

窓越しに雑誌、誰が書いたの

明るい葬式みたいな雰囲気

起点は小さいハウスの小屋

入り口狭く、中広く、抜けあって

この季節の4時でこの明るさ

彼はどこかに消え、隣には薄い男の子

二人で本を読む

二部の夜明け

golden record

投稿者: canai

黒子を探す旅最中、 手ぶらの独りは寂しいもので。 山奥で古着屋はじめました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。