noah

洪水の街中 所々に幅10cm程の濁流

内臓がほぼ丸ごと流れて来て彼は吐く、僕も少し吐く

濁流を避けて上へ天井の近くを横方向へ移動

僕の展開物に興味を持つ40代後半の女達

だが興味を持つ品々がいずれも値札がきちんと付いていない

その女のバックの中身に見覚えがある品が

あれ?あれって僕が無くしたと思ってたやつじゃなかったっけ

女はうまく言い仕入れ値で僕に売りつけようとする

夢では僕は曖昧にし受ける流れになってしまった

昨日までの現実はそうだ

今日からは違う

一人でも多くその箱舟に乗れ

勇気を持って思う方向に導く

こっちだ

投稿者: canai

黒子を探す旅最中、 手ぶらの独りは寂しいもので。 山奥で古着屋はじめました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。