s-inn

踊る。

そのために辰野に残ることを決めた冬。
レコード屋をはしごして15枚買って。

結局当たりは半分くらい。
モノの価格は随分と整理されているみたいで、100円は100円の価値しかないんだ。

完成には程遠くて、
というよりも完成したくなくて。

形のないものが両手からこぼれ落ちそうになるのを感じて、
大切に内ポケットに仕舞おうとする。
判断は誰かに任せて。

久場さんから連絡があった。
数分、いや数秒話す。
ここ数ヶ月連絡を途絶えさせたのはそれが最良だと思ったからだ、と。
いつかライブをやる日がくるなら O to & でやってよ。
そう言えるようにこの場所を磨こうと思う。

寒い冬が来た。
さっきから足はもう信じられないくらい冷えている。
燃えるような祭を打ち続けたい。
時が来るまでひたすら地力をつける。

投稿者: canai

黒子を探す旅最中、 手ぶらの独りは寂しいもので。 山奥で古着屋はじめました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中