key & balloon

風船
その素材が土に還るとして
強度を保った上 だとしたら
鍵は2つ必要

特定の条件下に置いてのみ
成り立つ解はある

そう思って生きてきた
今 持っていた鍵を無くした

すごく大切にしていた
一番辛い時に扉を開けてくれてありがとう

割れる直前まで美しく膨らんで
音もなく消える姿 あまりに綺麗
空中を落ちながら形を変え
地面に着いた時には自然と一体化しているのでしょう

今 その刹那

ことづけ

この一ヶ月
何が起きたか

日々起こるドラマに圧倒される日々

楽器が出来る奴が現れては消える店
彼と会えたのは飛び切り嬉しかった
音色選びも含め 全て

瓦に行けば行くほどベッドタウンでダンスホール作ることの限界を感じる

部分移転
したとしてこの場所に残るのは何か
魂置けども なお

差し支えないものなんて読み飽きてて
奇を衒ったものなんて論外 じゃあ

そこにあったはずの掲示板が消えて
道しるべになっていたことに気づく
自分にとって 誰にとって

形は形 ただの概念
どうか縛られないで

我がままな願い
聞き入れられない
誰も悪くない 筈
傷つけたいわけじゃない
涙を見たいわけじゃない

なのに

限りある時間 もちろん
だからこそ その場で
精一杯 

踊る