見世

決まって3時に起きる。
最近は寒いのでそのまま布団の中にいる。
すると7時だ。
いつもならもう少しそのままにしておくが今日は起きて窓ガラスを磨く。
そしてコーヒーを淹れパンを焼き一息ついて窓ガラスを見ながらタイプする。
窓ガラスが思った以上に磨けていない様を見ながら。

随分書けなかったのはpatchbaysの動向を気にしていたからか。
何やら新参者が入って書くの書かないだの言っていたのを観察していたが一向に気配がないのでこちらに戻ってきた。
やはりみんなというのは信用ならない。
「書かない」と打つと「か金井」と一番上に出てくる。

一年前の米か金井
6畳一間か金井
粗大ゴミか金井
部屋に垂れ下がっている大量の服か金井

世は選挙、こういう一見無風の時に案外事が動くみたいな新機軸を期待する。
8年くらい前、共産党くらいしか入れるところあらへんみたいなこと言うてたのをしっかり回収する。

最近も踊っている。
隔週月曜はgarageで行われている一番ムズいクラスで、一番下手な僕はいつも惨めな気分で帰ることになる。友は励ましてくれるが鏡に映る姿は残酷だ。
昨日は終わったあと首をグルングルン回しながら復習していたら寝違えたみたいになった。36歳。

ところでこの新しいデスクはなかなか調子がいい。
一人掛けソファの腕置きに古く細長いまな板を渡しただけだがうちに来る狂った客達も気に入るだろう。

働きすぎ症候群。
今日は久々に抜け出し朝からゆっくりしている。
東の庭ではもらった白菜の苗が信じられない成長速度を見せている。

9時。
パートナーは起きる気配が全くない。
車の中では先週拾ってきた一輪車ことネコと、高圧洗浄機ことケルヒャーと、古いグラスことガラクタがいびきをかいている。

辰野に来て4年、店はじめて3年。
見世、か。
江戸時代、妓楼 (ぎろう) で、遊女が通りかかる客を呼び入れる格子構えの座敷。

あながち。

この街に足りないのは色気。
艶とか気配を感じさせる人間が面積当たりに少なすぎる。

遊郭やる気分で古着屋。
10人くらい店員が懇ろになってる店ってのも悪くないやん。

にしても窓の磨き方があまりに汚いのでやり直すことにする。
おはよう。

投稿者: canai

黒子を探す旅最中、 手ぶらの独りは寂しいもので。 山奥で古着屋はじめました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。