全部は出来ないと思う。
今そう思う。

「よく、”全部や”と言う」、と君は言う。

美しさ、溜める事、部屋に響く羽音。

年明けまであとわずか。

静かに、静かに。

!llez

静かに一日、一日を過ごす。

頃合いというものがあるとしたらそれはきっと節分くらいだ。

そして三月、go abroad.

四月中旬には帰り源上スタート、GWには店オープン、土方仕事もこの辺りから。

5月からmid point concert、夏前には貸しテント屋をそれぞれスタート。

盆明け旅行、秋に一つお祭りを演って。

初雪から海外。

今が最後の季節労働。

sold

天井の高い古着屋、ドラマの二人。

その横の店舗を改装して古着屋。

天井について店長と話していると、横の店舗の扉からあっこさん入って来る。

白に刺繍の入ったトートバッグが売れた。

値札は1150円。

お釣りなくって、奥さん苦笑。

慌ててたらお客さんがあるよって。

嬉しかった。

noah

洪水の街中 所々に幅10cm程の濁流

内臓がほぼ丸ごと流れて来て彼は吐く、僕も少し吐く

濁流を避けて上へ天井の近くを横方向へ移動

僕の展開物に興味を持つ40代後半の女達

だが興味を持つ品々がいずれも値札がきちんと付いていない

その女のバックの中身に見覚えがある品が

あれ?あれって僕が無くしたと思ってたやつじゃなかったっけ

女はうまく言い仕入れ値で僕に売りつけようとする

夢では僕は曖昧にし受ける流れになってしまった

昨日までの現実はそうだ

今日からは違う

一人でも多くその箱舟に乗れ

勇気を持って思う方向に導く

こっちだ

grotte

二度撃たれる。

一度目は家で、二度目は先生のビルの前で。

CD屋で風の祠の話を聞く。

先住民もいる。

タンカー事故の救出、短パン一丁で。

車がバイクに代わり、横転、回転。

Magasin de bain

がらんどうの一体構造建屋に雑多なものたち

生活空間、背の高い倉庫、風呂の3ユニット
さらに屋外プール

光を漏らすな、おだやかな空襲警戒

高すぎるL’électricité、エアコンを切って回る

近未来的役場に挨拶、叩く所でキーが無段階に変わる楽器をやる少年、かもめのジョナサンを借りようとする少女、蹴球仲間

概ね楽しそう、この町の住人は

もうすぐ 節分 実質 新年 明けまして

IMG_20171216_135835_945

Tour en spirale

螺旋の塔の内部

障害物潜りながらの滑り台

友の背を前に喜びながら降りる

階下に降りてもう一度上ろうと

踏み出した瞬間軟らかいげんこつを浴びる

ルールだ と

友の次に入って滑っては行けない と

そうすると塔が機能しなくなる と

済んだ後女の子が出て来て、次は変わってあげるから呼んで と

そして何学部入ってるのなんちゃって

 

富士山 季節労働 予て おわり

辰野 友との再会 これから はじまり

3rd Mt.Fuji

ずっと行きたかった高知への旅を経て三度目の富士山へ。

山小屋生活もうすぐ一ヶ月、個人的ラストシーズンは天気も客足も穏やか。

稼ぎ良い、親方最高、仕事も慣れてる。

それでもバラフォン2ヶ月半触れへんのは最後にしたい。

日々秋からの辰野への思いが募る。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

inspiration like balloon!

will well..